マナーを守ってかっこよく海外トラベルを楽しむ!

グレードと雰囲気

自分の部屋のグレードを把握しておく大切さ

ホテルをどれにするのかを決めるのはとても迷うだろう。
予算、設備などいろいろな魅力から決めるだろう。
その中でもホテルのグレードといったものがある。
各ホテルの魅力を比較してランキングにしている。
しかし、同じホテル内でもサービスの質や設備を変えたグレードに分けられている。
自分が選んだグレードの部屋でそのフロアではそのグレードごとにその雰囲気がある。
グレードによってはホテルの廊下などをあまりラフな格好で歩いたり騒がしくしてしまうと同じフロアの他の宿泊客に対してせっかくの雰囲気を壊してしまうことになる。
ホテルに宿泊しているのは旅行者だけでなく、ビジネスのために来てホテルでゆっくり休みたい人ももちろんいる。
他の宿泊客に迷惑をかけないようにその雰囲気になった振る舞いをするべきである。

ホテルはみんなのもの、共有意識を忘れずに

海外へ旅行に行くときは、「楽しさ」を常に求めてしまう。
特に海外へ旅行に行くと、「楽しさ」のほかに「非日常体験」を求める傾向にあるように思う。
そうなるとついつい羽目を外してしまいがちである。
しかし当然ながらホテルの宿泊客はあなただけではない。
他の宿泊客の中には地元の人もいるかもしれない、ビジネスのために出張で宿泊している人もいるかもしれない。
遠出をして旅行に来ている人と家族や恋人の記念日のために、仕事で疲れた身体をゆっくり休みたいビジネスマンもいるかもしれない。
その人その人にとってホテルに宿泊する目的は違う。
どんなに浮かれて気分が高揚していてもその点を常に頭にとどめておいてホテルのフロアやラウンジを利用しよう。


Share!
B!

ページTOPへ