マナーを守ってかっこよく海外トラベルを楽しむ!

日本と海外ホテルの違い

海外ではホテルでもしっかりと身分証明

私達日本人は、昔に比べれば国際社会の一員として外国の文化に触れる機会が増えてきた。
しかし日本は多民族国家ではないため、私達日本人は普段の生活で自分達がマイノリティーであるという感覚を味わうことはめったにないのが現実であろう。
あなたが海外に行けば、あなた自身が外国人でありあらゆる場所や場面で身分証明を求められる。
私達が海外へ行く理由は旅行が多いだろう。
海外へ行き、空港で入国審査と税関を出れば次はホテルのチェックインである。
ホテル側があなた方外国人を管理するためにパスポートによって身分を確認する。
手続きには事前に用意をしてスマートに進めよう。
出入国審査、税関からレンタカーを借りるとき、公共交通機関を利用するときに提示が必要な国もある。

スタートからおさえればより楽しくなる

旅行へ行くと気分も高揚して、普段よりも気が大きくなってしまうかもしれない。
それがもとで思わぬトラブルになることもある。
海外へ行ったら、日本の常識や主観にとらわれるのは止めてその国の文化やルールを学び、従う姿勢が必要である。
外国人である私達はその国のあらゆる分野、あらゆる場所でそのサービスを受ける際にパスポートの提示が求められる。
ホテルのチェックインだけでなく、レンタカーを借りるとき、銀行で両替をするとき、観光で美術館や博物館を利用するときにも求められる国もある。
そんな時、私達は楽しむためにそのサービスや施設を利用しようとしているので気分を害するように感じてしまうかもしれない。
しかし自分がその国では外国人であることをある意味ではわきまえていき気持ちよく応じよう。


Share!
B!

ページTOPへ