海外のホテルで守るべきマナーについて

マナーを守ってかっこよく海外トラベルを楽しむ!

海外ではパスポートは必須

海外へ行くと、普段の生活との景色の違いに驚くだろう。
それは単なる町の風景が異なるだけでなく、行きかう異国の人々や食事など生活の一つ一つがちがっている。
空港で入国審査、税関を通ってからホテルでも大きく感じるだろう。
しかし海外へ行き、旅行を楽しむということはその国の文化に触れることでもある。
海外のホテルに行き最初に感じることはチェックインの手続きである。
通常のチェックインであれば、予約時の名前を伝えてホテルによってはデポジット制を取っている場合もあるだろう。
しかし外国のホテルに行けば、あなたは外国人でありホテル側からすれば身分証明をきちんとしたいと思うのは当然である。
またはその国独特の特有の特産物を地産地消してそこに行かなければ食べられないものを食べられるのは旅の醍醐味である。
それが海外であれば、その「食」との出会いは一期一会のようなものだろう。
しかしそこにもその国でのマナーや大切な文化が詰まっている。
海外へ行き、非日常を体験することで気分が高揚し、ついついそのことを忘れがちである。
しかし楽しむだけでなく、その国の習慣やTPOをきちんと守ることで気持ちよく海外で過ごせることが出来る。
またその国の文化を楽しむということは、その国のしきたりや文化を学び、従って敬意をはらわなければその楽しみを享受する権利はない。
日本で当たり前のことが海外では当然ではない。
それを常に頭にとどめておくべきであり、節度ある振る舞いをして海外で過ごすべきである。

日本と海外ホテルの違い

日本のホテルに宿泊する際にまずはチェックインが必要だ。 海外に行けばあなたはその国では外国人である。 そのためホテルによってはチェックインの手続きにパスポートの提示が必要な場合がある。 ホテルに着いたらまずはパスポートをあらかじめ準備しておきスムーズに手続きを進めよう。

グレードと雰囲気

宿泊ホテルを決めるとき、選択要素の一つにホテルのグレードがある。 ホテルの格式、設備、サービスが格付けされているため他のホテルとの比較に役立つ。 またホテルの部屋ごとにグレードが分けられている。 自分で選んだグレードの部屋に合う振る舞いをして気持ちよく過ごすべきである。

食事の仕方と文化

旅行の楽しみの一つと言えば、「食」である。 その国でしか食せないものを食べるということは旅行の醍醐味である。 だが、「食」というのは味覚を楽しむだけでなくその国の文化の象徴ともいえる。 その国のマナーや食べ方を守って、敬意をはらって楽しむのが礼儀である。

ページTOPへ